サッカーチームに関するユニフォーム情報を満載

マンチェスター・Uが獲得に乗り出すも…クライファート、息子のバルサ行きを熱望

パトリック・クライファート氏は、息子のジャスティンにマンチェスター・ユナイテッドよりもバルセロナを選んでほしいと語った。

現在アヤックスに所属する18歳のジャスティン・クライファートは、リーグ戦24試合で7ゴールを奪うなど活躍。これを受け、多くのトップクラブが同選手に熱視線を送っており、特にマンチェスター・ユナイテッドは争奪戦のポールポジションに立つと報じられている。しかし、父のパトリック氏は息子にスペインに行ってほしいと『OMNISPORT』で語った。

「アヤックスで良いプレーを続ける息子のことをとても誇りに思っている。スターティングイレブンを確保した彼がこれからも継続してこのようにプレーを続ければ、将来的には不可欠な選手になれるはずだ」

「もちろん、私は息子にバルセロナに行ってほしいが、この世界では何でも起こり得る。彼はもう大人で、自身で決断を下せるが、バルセロナでプレーすることが夢だと言っていた」

また、オランダ代表のロナルド・クーマン監督も18歳のクライファートに対して「プレミアリーグに挑戦するのは時期尚早で、もう少しオランダでのキャリアを続けてほしい」と今夏のステップアップに難色を示している。